壁画プロジェクト @ Edoya Garage 二宮町

壁画@エドヤガレージアイデア

 Mural ART – Area 8.5

ご無沙汰してます。野崎です。
コロナウイルスの影響で、
子供達とコラボした
アートワークショップ等が
延期になったりして、
色々と違うことを始めるのに
準備をしていました。

壁画@エドヤガレージ

今回、
新しく始めたのは、
「壁画アート」です。
海外ではMural(ミューラル)と
呼ばれて、
大きな都市では必ずと言って
よいほどあります。
ただあまり日本では見かけませんよね。
神戸市とかは力を入れているみたいですけど。

壁画@エドヤガレージ

壁に何かを描くというと、
イタズラの落書きみたいな
イメージが強いからかもしれません。
でも、
壁画はとても素敵な
アートの表現のひとつとして
海外では人気です。

壁画@エドヤガレージ

今回は、
たまたま地元の方から、
ご依頼がありまして。
施主さんと相談して、
大きくやらせていただくことになりました。

キャンバスとなったのは、
二宮駅前にあります、
エドヤガレージさん。
西湘地域では著名な方で、
クラシックカーや、
アンティーク雑貨を
こよなく愛していらっしゃいます。

たまに地域のマルシェにも
出店されていたり、
自分のガレージを開放して、
イベントも行っています。

壁画@エドヤガレージ

この二宮から、お隣の橘、
国府津あたりまでのエリアは、
手付かずの自然がとても多く
土地も家賃も安くて
静かで住みやすい地域です。

最近は、
僕らも移住組ですが、
新しい移り住んで来る方も多く、
この地域で新しい事業を
始める方が増えつつあります。

壁画@エドヤガレージ

そこで皆様で、
次の世代の若者達が、
この地域で色んな活躍ができるように
面白い事や楽しい事を、
率先してやっていこう!
と盛り上がり
このエリアを、
Area 8.5(ハッテンゴ)
と呼び始めました。

壁画@エドヤガレージ

8.5の由来は、
わたくし達のギャラリー、
8.5 houseと同じアイデアを使い、

日本を代表する浮世絵師、
歌川広重の東海道五十三次で
定義される8の大磯、
9の小田原の間に
ある8.5(ハッテンゴ)というエリア。

壁画@エドヤガレージ

このような感じで、
このエリアに住む方々が、
次世代に繋がる想いを
各々繋げていけたら
面白いのではと少しずつ
動き始めています。

少し話がズレましたが、
この壁画もその一端で、
わたくし達はアートを通じて、
次世代の若い子達と色々と
コラボしていけたらと思います。

壁画@エドヤガレージ

今回の壁画は、
アートをしている
地元の高校生に一部をお手伝いして
もらっています。
写真の人物は高校生ではなくアーティストの乙部です。

インターネットの普及で、
色んな新しい情報は手に入り
やすくなりましたが、
実際に学んだことや知ったことを
自分で考えて実行する。
アートなら描いてみたり、
作ってみたり、発表したり、
する場所がまだまだ少ないです。

壁画@エドヤガレージ

なので、
今回の僕たちのプロジェクトを
発端に少しずつでも、
地域に色々なアートが増えていき、
かつ次の世代の若者や子供達が
興味を持って、一緒にやってみたい!
になったら嬉しいです。

アートを通じて、
町やエリアが明るくなっていけば、
新しいお店が増えたり、
移り住んでくる方も
増えるかもしれません。

壁画@エドヤガレージ

今週の日曜日(10/25)に、
エドヤガレージにて、
壁画アートのお披露目会をかねた、
ポップアップイベントを行います。
8.5ハウスは出張出店という形で、
アートの販売も行います。

朝の10時から16時くらいまでいますので、
お気軽にお越しくださいませ。
日曜日には壁画全体が
完成いたします。

壁画@エドヤガレージ

当日は二宮町の大人気イベント
「たびするくま」も
開催されるので、
合わせてお楽しみください。

壁画を見ていただいて、
良いなー!
と気に入っていただければ、
オリジナルのオーダーを承ります。

壁画@エドヤガレージ

アートをする前に
外壁塗装作業をしないとならないので、
ついでのご依頼とかでもokです。

Area 8.5内であれば、
地域のために、
お値段はだいぶ
頑張らせていただいてます。

またイベント終了したら、
今回の壁画についての
ストーリーの記事をアップします。

ではでは、
当日お待ちしております。